トップページ > 創業融資を自分でやる! > 自分で作った方が良い理由

今後のために創業計画書と資金繰り表を自分で作った方が良い理由

理由は3つあります。

①作成方法を身に付けておけば、将来の資金調達に役立つから
②自分で作成する絶好の機会だから
③作成方法を身に付けておけば、売上、利益を伸ばすための道具として使えるから


以下、順番に説明します。

①作成方法を身に付けておけば、将来の資金調達に役立つから

会社が軌道に乗ってくると、いずれ銀行から融資を受ける必要が出てきます。
新しい設備を買いたい、新店舗を出すためにお金がいる、などです。
思ったように売上が伸びない場合も、お金を借りる必要が出てくるでしょう。

その時、銀行から事業計画書資金繰り表の作成を求められます。
事業計画書と資金繰り表を金融機関に見せて、
融資の使いみちと返済の根拠を示し、納得してもらわなければなりません。

金融機関と交渉するのは、社長ご自身です。
2つの資料の内容を理解しておけば、説得力をもって話をすることができ、
「社長は数字が分かっている。会社の現状をきちんと把握していて安心だ。」と、
金融機関からの評価も高まり、有利に話をすすめられます。

将来の資金調達にそなえ、今のうちに
事業計画書=創業計画書資金繰り表の作成方法を身に付けておきましょう。

②自分で作成する絶好の機会だから

銀行は事業計画書を信用してお金を貸してくれます。
もし計画が実績と全く異なっていて、絵に描いたモチであったと判明した場合、
銀行の方はお怒りになります。
通常、作り直しを求められますし、
社長の経営管理能力に疑問を持たれてしまうかもしれません。

この点、創業融資は事業計画書と資金繰り表を作る絶好の機会です。
融資を受けた後に、銀行が
「創業計画書が予定どおり達成されているか、実績を報告して下さい
と言ってくることはありません。
創業時の事業計画と実績は、ズレることが多いからです。

計画と実績が違っていても銀行に何も言われない、という意味で
おいしい機会ととらえることができます。

③作成方法を身に付けておけば、売上、利益を伸ばすための道具として使えるから

事業計画書は先に説明したとおり、予定表です。
これは会社の目標としても利用できます。
毎月毎月、売上利益の目標と実績を比較し、
なぜ目標を達成できなかったのか、または、なぜ目標を達成できたのか、
考えることにより、翌月の目標達成に向けて動くことができます。
目標達成を繰り返すことにより、コツコツと経営を良くしていくことができます。

→創業計画書を経営改善の道具として使う

資金繰り表も、大切な道具です。
お金が無くなってしまったら、売上と利益を伸ばすも何も、
事業そのものを続けられません。
資金繰り表を使えば、将来のお金の動きを確認できるので、
お金が無くならないよう、前もって対策がとれます。
会社の生存確率は高まります。

→資金繰り表を経営改善の道具として使う

経営を良くするための仕組みや流れは、
会社が大きくないうちに整えておきます。最初が肝心です。
創業計画書、資金繰り表の作成を通して、
売上と利益をコツコツ伸ばすための道具をそろえましょう。

自分で作るのは確かに役には立つのだろうけど…
創業融資は失敗できないし、プロに作ってもらう方が…
と悩んでいる方もいらっしゃると思います。
次に、これに関するわたくしの考えを述べさせていただきます。

画面トップへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
            ◆中小企業診断士
                   ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ