創業計画書をプロに作ってもらえば融資は有利?

結論からいうと、
関係ありません。
むしろ、逆効果になる可能性があります。

創業融資で金融機関が重視する点は2つです。

①社長には事業に対する熱い想いがあるか
②社長はお金をきっちり返せる人か

→重要なのは社長の情熱と人柄

創業計画書を自分で作成せず、
プロに丸投げて作ってもらったとします。
金融機関は次のように判断します。
「これから自分自身が行う事業の計画なのに、他人に作ってもらっている。
①社長には事業に対する熱い想いはない。
他人が作った計画について社長は責任を負えるのか、いや負えない。
②社長は責任感が薄い。お金をきっちり返せる人ではない。
融資獲得に不利になるといわざるを得ません。

「バレなければ問題はない」
といわれれば、確かにその通りですけれども、
金融機関側は何人もの社長を見てきておりますし、
審査面談は社長が1人で受けます。
創業計画書の文面や面談での質疑応答から、
他人任せにしたことは見抜かれると思ってください。

のちほど説明しますけれども、
金融機関は①事業に対する熱い想い、②きっちり返せる人柄の証拠として、
コツコツためてきたお金(自己資金)と事業経験を高く評価します。

→自己資金と事業経験が重要な証拠

自己資金と、豊富な事業経験によって高く評価されるはずだったのに、
創業計画書の作成を他人任せにしてしまったため、
イマイチな結果に終わってしまった、
というのはもったいない話です。

融資実績としても、
金融機関から高い評価を得て、良い結果に結びついているケースは
社長ご自身が創業計画書を作成した場合です。

→公庫は自分で作った計画書を高く評価

専門家レベルの創業計画書と資金繰り表は求められていない

どんな専門家に作ってもらったとしても、
結局、見込み、青写真にすぎないからです。

都合の良い数字を並べた、夢のような売上計画よりも、
「社長であるわたくしは、こんなに熱い想いを持っています」
「経営に必要な最低限の数字の知識をもっています」

ということを相手にアピールする方が大事です。
そのためには、たとえ完璧でなくても、
創業計画書と資金繰り表を自分で作るのが一番です。

プロに任せても融資は有利にならないし、
むしろ自分で作った方が金融機関の評価が高くなり、良い結果に結び付く。
今後の経営や将来の資金調達にも役立つ。
であれば、すべき選択は、
創業融資を自分でやる!
です。

それでは、さっそく、
創業融資とはどんな内容の制度なのか、
全体像や流れについて整理していきしましょう。

画面トップへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
            ◆中小企業診断士
                   ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ