トップページ > 創業融資を知る! > 重要なのは「①熱い想い」と「②人柄」

創業融資で重要なのは、事業に対する社長の「①熱い想い」と「②人柄」

「プロに作ってもらえば融資は有利?」もお伝えしましたけれども、
改めまして、
創業融資で金融機関が重視するのは次の2点です。

①社長には事業に対する熱い想いがあるか
②社長はお金をきっちり返せる人か


本来、融資にあたって金融機関は「その会社の売上利益の実績」を重視しますけれども、
創業融資を申し込む会社には、まだ実績がありません。
金融機関としては、
できるだけ成功する可能性が高い会社にお金を貸したいところですが、
事業が成功するかどうか未知数です。
社長がじっくりと考えてきた事業プランを
「おたくは絶対に失敗するから融資は無理」
と、一方的にバッサリ切り捨てることはできません。

結局、社長の事業に対する情熱、やる気、人柄といったものでしか判断できないのです。
これを創業計画書や資金繰り表、面談の質疑応答の中で、
金融機関側に伝えることができれば、融資を得ることができます。

では、どうすればきちんと説得力をもって伝えることができるのでしょうか。
面談の時に、長々と大声で情熱的な言葉を並べても、
それだけでは相手は納得しません。口先だけなら何とでもいえます。
説得力を持たせるには、誰が見ても「確かにそうだ」と思えるような、
証拠をそろえる必要があります。

証拠の種類とその優先順位は、公庫も信用保証協会も同じです。
以下の表をごらんください。

優先順位 証拠の種類
1 自己資金
2 事業経験
3 創業計画書

熱い想い、人柄の証拠として
自己資金(自分でコツコツためたお金)と
事業経験(業界で働いた経験)が高く評価されます。
それらがしっかりしているのであれば、
創業計画書、資金繰り表は、事実にもとづき、ポイントをおさえ、
無難にまとめるだけで十分です。
そして審査面談を穏やかに乗り切れば融資は受けられます。

逆に自己資金、事業経験が不十分だと、
何十ページもの創業計画書をプロに作ってもらったとしても融資は得られません。
当事務所でも、過去にお客様の依頼で作りましたが、まったく無意味でした。
面接担当者に「自分で作ってないでしょ」と言われ、
印象は良くありませんでした。

融資判断の評価は、自己資金と事業経験の2つでほとんど決まります。

それでは次に、自己資金とは一体どういうものなのか?
なぜ自己資金が社長の「熱い想い」と「人柄」の証拠になるのか?
説明していきます。

画面トップへ

7月13日にお問合せされた方
返信メールがエラーになります
下記アドレスにご連絡下さい
nishidaystk@gmail.com

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
         ◆中小企業診断士
             ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ

独立開業【問答集】

独立を考える会計士税理士向けに
よくある質問をまとめました。
・会計事務所の運営方法
・営業方法あれこれ

・ホームページ活用方法
・クラウド会計について   など