トップページ > 創業融資のあと > 資金繰り表を使う

資金繰り表を使う

資金繰り表を使う目的は、
会社のお金がゼロにならないかチェックするためです。
会社の生死をチェックするといっても過言ではありません。

下の、創業融資で作った資金繰り表を元に使い方を説明していきます。
毎月のお金の予定=計画が表示されています。

資金繰り表に実績を反映していく

4月に設立、5月に創業融資を受け、6月に無事開業しました。
毎月の実績を資金繰り表に反映していきます。

4月~7月の費用支出の実績は計画通りでしたが、
6月、7月の売上収入の実績は、計画の70%しかありませんでした。

7月以降の毎月末の預金残高は計画上200万円以上だったのが、
200万円を切っています。

資金繰りシミュレーションをして、対策を考える

7月以降の預金残高がひと月の営業支出=約200万円に足りません。
少し心もとない状態です。
「もし、このまま計画の70%の売上が続いたら、お金はどうなるんだろうか」
不安な気持ちが高まります。

ここで資金繰り表が力を発揮します。
8月以降も計画の70%の実績だったとして、シミュレーションしてみます。
表の青い部分の金額を変えています。

10月末には会社のお金がマイナスとなり、
事業を続けることができなくなることが分かります。

お金がなくなることを「資金がショートする」といいます。
このままじっと資金ショートを待つわけにはいきません。
避けるための対策を考えます。

【対策1】

シミュレーションを繰り返した結果、
8月以降、実績が計画の90%以上になれば資金ショートしないことが分かりました。
これまで以上に売上獲得の努力をします。

【対策2】

売上目標は達成できるかどうか分からないので、
確実に行える費用の削減をします。無駄な費用がないか洗い出します。

【対策3】

「10月までに借り入れをお願いするかもしれません、借りれそうですか?」
と、早めに金融機関に相談に行ってみます。
受けられる融資制度があるかもしれません。

資金繰り表を使ってシミュレーションすることで、
8月以降にとるべき行動が明らかになります。
不安だった気持ちがやわらぎます。

会社の生死をチェックする、
という意味がお分かりいただけたのではないでしょうか。
資金繰り表によって、資金ショートしないよう、
前もって対策がとれるので、会社の生存確率は高まります。

→1日ごとの資金繰り表もあります


以上が資金繰り表の使い方となります。

 

次に、あまり効果的ではない資金繰り表の使い方についても説明しておきます。
資金繰り表を正しく使うためにも、知っておいた方が良いです。

あまり効果的ではない資金繰り表の使い方

よくありがちな、あまり効果的ではない使い方が2つあります。

1.最初の資金繰り表と実績を比較し続けるのは無意味

資金繰り表は予定なので、よく
「資金繰り表と実績を比較し、予定に届かなかった理由を考えましょう」
という方がいらっしゃいます。
もっともらしく聞こえるのですが、
実際は、比較したところで有益な情報が得られるわけでもなく、
基本的に無意味です。
実績と比較しながら、その理由を説明していきます。

▼無意味な理由【経営判断に使えない】

「そもそも創業計画書とは?資金繰り表とは?」のところで説明したとおり、
売上と売上代金が回収されるタイミング、
仕入と仕入代金を支払うタイミングはズレます。

例えば、
掛け売上代金が、2ヶ月後に入金される約束だとします。
この場合、上の表の7月の掛け回収実績449,400円は
5月にお客様に販売した分となります。

7月の計画は642,000円だったので、
差異192,600円だけ届いていません。
「さあ、5月の売上が少なかった理由を考えましょう」
となるのですが、2ヶ月以上前の5月のことなんて
ほとんど忘れています。
経営判断に使う資料として、資金繰り表は遅すぎます。

また、翌月入金の売上代金や翌月支払の仕入代金なども混じっていたら、
7月の入出金は何月分の売上と仕入の結果なのか、わけが分かりません。
差異の原因を突き止めることができないので、経営判断に活かせません。

▼無意味な理由【資金ショートの対策がとれない】

この比較を続けていっても、いつ資金ショートになるか判断できません。
シミュレーションができないからです。
したがって資金ショートを防ぐための対策もとれません。

せいぜい通帳残高を見て、頭を悩ませるだけです。
7月末預金残高185万円を見て→「まだまだ大丈夫」
8月末預金残高110万円を見て→「来月死ぬ気で頑張ればなんとかなる」
9月末預金残高28万円を見て→「もしかしてヤバい?…どうしよう…」
気づいたら資金ショート寸前で手遅れ、という可能性が高いです。

資金繰り表資金ショートを防ぐために使うのが効果的です。

実績と計画との比較、差異の分析は事業計画書(創業計画書)の役割です。
事業計画書は、入出金ではなく商品販売のタイミングで金額を把握します。
早めに経営判断が行えますし、
毎月その月の売上と仕入(原価)だけが表示されます。
差異の原因も把握しやすいので、経営判断の資料として適切です。

それぞれの目的に合わせて使い分けることが大切です。

→創業計画書を経営改善の道具として使う

2.決算で区切るのも無意味

資金繰り表は数ヶ月先までのお金の動きを予測して
資金ショートしないか、日々チェックするものですので、
会社の決算に関係なく行う必要があります。

「3月決算だから3月までの資金繰りを考えておけばよい」
「4月以降の資金繰り表は、新しい事業計画書ができあがってから」
というのでは遅いです。

ざっくりでも良いので、
常に3ヶ月以上先までの売上や仕入経費を見込み、
資金繰り表に反映させていく必要があります。
正式な事業計画書ができあがったら、その際に調整、修正すれば良いです。

以上が資金繰り表の使い方と、使うに当たっての注意点となります。



上記「資金繰りシミュレーションをして、対策を考える」の
「対策3」のようにシミュレーションの結果、
融資が必要になる状況もありえます。

創業融資を受けた後に追加融資を受けられるのか、次に説明します。

画面トップへ

7月13日にお問合せされた方
返信メールがエラーになります
下記アドレスにご連絡下さい
nishidaystk@gmail.com

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
         ◆中小企業診断士
             ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ

独立開業【問答集】

独立を考える会計士税理士向けに
よくある質問をまとめました。
・会計事務所の運営方法
・営業方法あれこれ

・ホームページ活用方法
・クラウド会計について   など