助成金と補助金の違い

開業して間もない時点では、何かとお金が足りません。
創業融資以外にもお金をもらえる制度があるのなら、どんどん使いましょう。
例えば、助成金や補助金があります。

そもそも助成金と補助金はどう違うのか、
以下の表にまとめました。
比較項目 助成金
補助金
お金の支給元 国や地方自治体 国や地方自治体
お金の支払時期 後払い 後払い
返済義務 なし なし
受けるための条件 資格要件を満たせば受けられる 補助金を使う事業の必要性を
書類でアピールする必要あり
書類整備 なし
事業に使ったことを証明する
書類の整備が必要
会計検査院の検査 なし あり
どちらも基本的に前払いはありません。後払いです。

例えば、300万円の設備購入資金のうち100万円を補助する、
という助成金の場合、
設備を買う前に、助成金から100万円出してもらい、
200万円だけ自分で用意して買う、ということはできません。

300万円のお金を用意して、設備を買った後、100万円の助成金を受け取り、
負担は200万円、という流れになります。


助成金の場合、受けるための資格要件を満たせば、ほぼ受けられます。

一方、
補助金の場合、申し込んだ会社の全部が受けられるとは限りません。
補助金をもらえる会社の数には限りがあります。

補助金をどんな事業に使うのか、社会に役立つ事業なのか、
書類を作成してアピールし、勝ち取る必要があります。
書類作成の手間や受けやすいかどうかは、補助金の内容、金額によります。

具体的に、どんな書類を提出するのかというと、
創業融資と同じく、事業計画書です。
事業計画書の作り方を身に付けておけば、いろんなところで役に立ちます。


それではさっそく、次に
創業時に使うことができる補助金について説明します。
使える助成金や補助金がないか、
探し方については右のリンク先をごらんください。


創業時に使えた代表的な2つの助成金は廃止

創業時に使えた代表的な2つの助成金

・受給資格者創業支援助成金 

・中小企業基盤人材確保助成金

平成25年3月31日をもって廃止されました。
ご注意ください。

事業仕分けの結果、廃止となってしまいました。

助成金を受けるための要件が厳しく、
もともと利用者があまりいなかったという話もあります。


今後、もっと利用しやすい形で、
創業者支援のための助成金が設けられる可能性はあります。
その時はホームページで紹介、説明いたします。
▲このページのトップに戻る