トップページ > 決算書の見方

決算書の見方

銀行が融資をするかどうか判断するポイントとして、
創業前は、自己資金と事業経験が重要でした。

→自己資金と事業経験が重要

創業後、決算をむかえた後は、実績が重視されます。
実績とは、決算書の内容です。

銀行に決算書を提出した際、
その内容について質問される場合があります。
質問に答えられるように、
決算書の見方は知っておいた方が良いです。

決算書は3つの書類からできています。

■損益計算書
■貸借対照表
■株主資本等変動計算書


順番に、見方や各書類の関係を説明していきます。

1年間の売上と利益を計算したものです。

会社の財産内訳表です。

損益計算書と貸借対照表の
どちらが重要かといえば損益計算書です。

2つの表の関係を明らかにします。

上記の関係を使えば
決算書の正しさをざっくり確かめられます。

画面トップへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
            ◆中小企業診断士
                   ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ