返済不要の資金調達!クラウドファンディングもいっしょに使う!

クラウドファンディングとは、
世の中の人々から、少しずつお金を出してもらって
事業に必要な資金を調達することです。
インターネットを使って、世の中の人々に協力を呼びかけます。

創業融資と一緒に使うことのできる、
創業時の資金調達方法の1つです。

「少しずつ」といっても、
タダでお金を出してくれる人はいません。
クラウドファンディングを利用して、
無事に開業できた場合、
協力してくださった方々にお礼をする必要があります。
約束した商品サービスを提供することになります。

お金は返済不要です。

→ただし、約束を守れなかったら返金

また
「インターネットを使って協力を呼びかける」
といっても、個人や創業間もない会社が
ブログやホームページを使って呼びかけても、
ほとんど反応は得られないと思います。

通常、
クラウドファンディングによる資金調達を考える場合、
クラウドファンディングサービス会社(以下サービス会社)
に支援依頼する必要があります。

サービス会社が運営するサイトには、
「少しならお金を出しても良い」
と考える人々がたくさん集まってきます。
多くの人々に協力を呼びかけることができます。
また、資金が集まりやすくなるような、
アピール方法も助言してくれます。

以下では、

■クラウドファンディング全体の流れ
■クラウドファンディングのメリット、デメリット
■クラウドファンディングと創業融資、創業補助金との比較
■代表的なクラウドファンディングサービス会社


について説明していきます。

クラウドファンディング全体の流れ

クラウドファンディング全体の流れは次の通りです。
サービス会社に申し込んでから、
お金が入金されるまで約4ヶ月かかります。

サービス会社に電話して事業内容を説明
どのような事業を行うのか、資金をいつまでに、いくら集めたいのか、
電話で簡単に説明します。

サービス会社と面談し、契約を締結
全員が面談、契約にすすむわけではありません。
ある程度、資金調達の可能性が見込まれる方のみとなります。
「創業計画書を作れるレベルであれば大丈夫」
とのことです。

→契約にすすめない方

世の中の人々に協力を呼びかけるためのページを作成
サービス会社によっては担当者が付きます。
調達しやすくなるよう、助言を受けながら一緒に作成します。
目標資金調達額も決めます。

ページを一般公開、目標額を達成
集まったお金が目標額に届けば、資金調達は成功です。
100万円目標で、集まったのが105万円であれば、
105万円調達決定です。

目標額に届かなければ、資金調達できません。
100万円目標で、集まったのが98万円であれば、
調達額は0円です。
98万円は協力者の方々に返金されます。

→集まった分だけ使いたい

口座入金、協力者の方々にお礼
協力者の方々に対して、約束した商品サービスを提供します。
感謝の気持ちを込めて、きっちりお礼をします。

以上が流れです。

創業計画書を作れる方であれば、
クラウドファンディングも利用できる可能性が高いです。

次の「メリット」で述べるとおり、
利用申込は無料ですし、創業融資といっしょに
とりあえず申し込んでみるという判断もアリだと思います。

クラウドファンディングのメリット、デメリット

メリットは3つ、
デメリットは2つあります。

●メリット1   利用申込は無料で資格条件なし
クラウドファンディング利用申込の際、
サービス会社にお金を払う必要はありません。
世の中の人々に、無料で協力を呼びかけることができます。

目標資金額を調達できた場合、
その中からサービス会社へ手数料を支払います。
調達できずに0円に終わった場合、
支払手数料は0円です。
サービス会社の料金体系は完全成功報酬型です。

また、利用申込に資格条件はありません。
創業融資と異なり、自己資金や事業経験の有無、
申込者の信用情報に関係なく申込めます。

→連帯保証人や担保は?

気軽に利用できるという点が1つ目のメリットです。


●メリット2   スタート時の広告宣伝になる
例えば、

■小売店を開業
■目標調達金額150万円
■1人ひと口3,000円
■協力者へのお礼=目玉商品割引30%

という条件でクラウドファンディングを開始し、
目標額を達成、無事に開業できたとします。

協力者の方々はほぼ全員、必ず来店しますので、
スタート時点で150万円÷3,000円=500人の
新規客を獲得できます。

新規客500人の中には、
商品をリピート購入される方もいるはずです。
リピート客の獲得にもつながります。

協力者へのお礼=目玉商品割引30%分は、
確実に効果が出る広告宣伝費
と考えることができます。

事業用の資金を調達できるうえ、
高い広告宣伝効果も得られるということで、
一挙両得です。

個人的には、一番面白いメリットだと思います。


●メリット3   資金調達後の面倒な手続はなし
クラウドファンディングによって資金を調達した後は、
お礼として、協力者の方々に約束した商品サービスを提供します。
調達後にやることはこれだけです。

調達したお金の使いみちも自由ですし、
借金ではないのでお金の返済や利息の支払はありません。
補助金のような面倒な書類整理、
サービス会社に対する定期報告なども一切ありません。

→会社の資本金に使う

●デメリット1   開業資金の全てを調達するのは無理
個人事業主や中小企業が
クラウドファンディングで調達できる金額の相場は
150万円前後です。

→もっと多く調達したい

開業に必要な資金の相場は400万円以上です。
飲食店であれば1,000万円以上かかるでしょう。
足りない部分は自力で調達する必要があります。

まずは自己資金や創業融資による調達を考え、
それらと一緒にクラウドファンディングを利用する
というのが現実的だと思います。

→複数のクラウドファンディング会社を同時に使う?


●デメリット2   入金までに時間がかかる
サービス会社に申し込んでから
口座入金されるまで約4ヶ月です。
創業融資の約1ヶ月に比べると時間がかかります。

開業のタイミングから逆算して、
クラウドファンディングや創業融資申込の時期を
整理しておく必要があります。

クラウドファンディングと創業融資、助成金補助金との比較

創業時の資金調達方法として、
クラウドファンディング、創業融資、創業補助金の
3つを比較したのが次の表です。

▼比較項目
【融資】
創業融資
【クラ】
クラウドファンディング
【補助】
創業補助金
▼調達額
【融資】
多い700万円前後
【クラ】
少ない150万円前後
【補助】
少ない200万円
▼申込希望額から減額されて実行
【融資】
あり
100万円申込んで
80万円実行など
【クラ】
あり
目標額に届かない場合
0円か減額実行かは
サービス会社のルールによる
【補助】
あり
補助対象経費として
認められなかった場合
▼お金の使いみち
【融資】
創業計画書どおりに
使う必要あり
【クラ】
自由
【補助】
事業計画書どおりに
使う必要あり
▼返済
【融資】
返済必要
【クラ】
返済不要
ただし、協力者に
商品・サービスを提供
【補助】
返済不要
▼入金までの期間
【融資】
約1ヶ月
【クラ】
約4ヶ月
【補助】
約1年
▼利用にかかる費用
【融資】
支払利息
保証協会保証料
【クラ】
・調達できた場合
調達額の20%程度を
サービス会社に支払

・調達できなかった場合
0円
【補助】
0円
▼申込者に求められる条件
【融資】
自己資金と事業経験
【クラ】
事業計画

自己資金や事業経験は不要
【補助】
事業計画

自己資金や事業経験は不要
▼窓口
【融資】
日本政策金融公庫や
信用金庫など
【クラ】
クラウドファンディング
サービス会社
【補助】
創業補助金事務局
▼事後報告書の作成
【融資】
不要
【クラ】
不要
【補助】
不要

代表的なクラウドファンディングサービス会社

インターネットで検索すると、
クラウドファンディングサービス会社は
複数社あることが分かります。

しかし、創業時の資金調達という点から考えると、
以下のサービス会社「READYFOR」に問い合わせると良いと思います。

目標資金調達額に届いた場合
手数料17%
目標資金調達額に届かなかった場合
全額返金
(All  or  Nothing)

→「All  or  Nothing」とは

日本で最初にクラウドファンディングを始めた会社です。
資金調達累計額が最も多く、信用と実績があります。

開業率を引き上げるという政府目標を受け、
創業の分野に力を入れているとのことです。

当事務所と協力関係にありますので、
当事務所窓口で申し込むと、
資金調達時の手数料がお安くなります。

手数料15%になります。

お気軽にお問い合わせください。
クラウドファンディングについては、Q&Aにも情報がございます。

→クラウドファンディングQ&A

以上、
創業融資から助成金、補助金、クラウドファンディングまで
創業時における様々な資金調達方法について説明しました。

Q&A集「質問⇔回答たまり場」にも
まだまだ多くの情報がございますので、
お時間のある時に、ながめて頂ければと思います。

画面トップへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
            ◆中小企業診断士
                   ◆税理士事務所

所長の著書

           →詳しくはこちらへ