トップページ > 会計ソフト > 「科目一覧」

楽しいかもしれない青色申告 現金出納帳と預金出納帳の科目一覧

エクセル会計ソフトの中の
「科目一覧」シートの内容は以下の表の通りです。

「帳簿は簡単で良い」と考える個人事業主向けのソフトですので、
税務署指定の青色申告決算書の科目を基本としております。

→科目追加はほどほどに
→ややこしい科目の入力方法

グレーの科目は決算時に使います。
「現金出納帳」および「預金出納帳」では使いません。
追加登録しないようにご注意ください。

損益計算書の科目 内容 備考
売上 売上代金の受け取り  
仕入 仕入代金の支払い  
租税公課 印紙代、自動車税、固定資産税など  
荷造運賃 商品発送にかかる経費  
水道光熱費 電気代、水道代、ガス代  
旅費交通費 電車賃やバス代、タクシー代  
通信費 電話代や切手代  
広告宣伝費 ホームページ利用料、チラシ、
展示会出展料
 
接待交際費

得意先接待費用、ゴルフ費用、
打ち合わせ会議費もこれ

会議費をこれに含めて年間800万円以下であれば問題ありません
損害保険料 損害保険以外の火災保険なども
これに含めます
 
修繕費 修理代金  
消耗品費 1つ10万円未満の物品購入代、
新聞書籍代もこれ
10万円未満で科目に迷ったら、
これにしてしまいます
減価償却費

詳しい説明は当事務所HPを参照

→減価償却費とは

決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
福利厚生費 慶弔や慰安など
従業員の福利厚生のための支出
 
給料賃金

従業員給料・ボーナス
青色専従者給与も決算前はこれ

→青色専従者とは

 
外注工賃 外注業者への支払い  
利子割引料 金融機関などへの支払利息  
地代家賃 事務所の賃借料 自宅の半分を事務所にしている場合、決算時にまとめて半分に分けることもできます

その場合、決算前は支払金額そのまま入力します
貸倒金 踏み倒された売上金 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
支払報酬料 弁護士、税理士報酬の支払い  
支払手数料 銀行振込手数料など 【追加科目1】初期追加済
法定福利費 社会保険料の支払い 【追加科目2】初期追加済
    【追加科目3】
    【追加科目4】
    【追加科目5】
雑費 その他 この科目をあまり使いすぎると帳簿を適当に付けていると誤解されます
少額出費は「消耗品費」にします

上記、損益計算書の科目は5つまで追加できます。
良く使いそうな「支払手数料」と「法定福利費」はあらかじめ追加してあります。
使わない場合は、削除または別の科目に変更して頂いてかまいません。

貸借対照表の科目
▼資産の部 内容 備考
現金    
当座預金 利息無しの決済用の預金、
ほとんど使いません
 
定期預金    
普通預金    
受取手形 ほとんど使いません 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
売掛金 売上代金の後払い 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
有価証券 使いません  
棚卸資産 商品在庫 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
前払金 仕入代金の前払い 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
貸付金    
建物 1つ10万円以上の
内外装工事のうち下記
建物附属設備以外の工事代金
工事代金総額200万円のうち
建物附属設備が80万円なら
残り120万円を
建物にしてしまいます
建物附属設備 1つ10万円以上の
内外装工事のうち電気設備、
給排水設備、ガス設備、
衛生設備(トイレなど)、
冷暖房設備などの工事代金
建物か建物附属設備か
迷ったら税務署に相談

→税務署への電話相談はこちら
機械装置 1つ10万円以上の機械設備  
車両運搬具 1つ10万円以上の車  
工具器具備品 1つ10万円以上の備品  
土地    
ソフトウェア 1つ10万円以上のHP製作費 【追加科目1】初期追加済
長期前払費用 1つ20万円以上の礼金や
業界団体加入金
【追加科目2】初期追加済
敷金保証金   【追加科目3】初期追加済
    【追加科目4】
    【追加科目5】
    【追加科目6】
    【追加科目7】
事業主貸 事業用のお金を
生活費用にした場合

決算前の現金預金出納帳では
「生活費」で処理

→「生活費」科目について

▼負債の部 内容 備考
支払手形 ほとんど使いません 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
買掛金 仕入代金の後払い 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
借入金 金融機関などからの借金  
未払金 仕入以外経費代金の後払い 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
前受金 売上代金の前受け 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
預り金 源泉所得税や住民税  
    【追加科目1】
    【追加科目2】
    【追加科目3】
    【追加科目4】
    【追加科目5】
    【追加科目6】
貸倒引当金 売上金踏み倒しにそなえたもの 決算の時に使います
現金預金出納帳では使いません
事業主借 生活費用のお金を
事業用にした場合
決算前の現金預金出納帳では
「生活費」で処理

→「生活費」科目について
元入金 使いません  

上記、貸借対照表の資産科目は7つまで、負債科目は6つまで追加できます。
良く使いそうな科目はあらかじめ追加してあります。
使わない場合は、削除または別の科目に変更して頂いてかまいません。

中小企業の場合、
10万円以上30万円未満の固定資産は全額経費に落とせます。
決算でまとめて落とします。

決算前の現金預金出納帳では、
10万円以上の固定資産はいったん全て資産計上しておきます。

→30万円未満の固定資産

ダウンロードは次のリンク先からどうぞ。

画面トップへ

    会社設立から創業融資まで
      全部まとめて定額支援!
        →詳細はこちらへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
         ◆中小企業診断士
             ◆税理士事務所

所長の著書

  「税理士ができる
   『中小企業の資金調達』
          支援実務」

    税理士などのプロ向けに
   資金調達支援の実務を解説
         →詳しくはこちらへ

独立開業【問答集】

独立志望の会計士税理士向けに
よくある質問をまとめました。
・会計事務所の運営方法
・営業方法あれこれ

・ホームページ活用方法
・クラウド会計についてなど
         →詳しくはこちらへ