トップページ > 会計ソフト > 決算書作成と申告

無料freeee会計ソフト「楽しいかもしれない青色申告」   決算書の作成と申告

決算処理が終わったら、
決算書の下書および「e-TAX」を使った決算書の作成にすすみます。

→決算処理未了の場合はこちら
→ソフトのダウンロードはこちら

以下、決算処理の続き
決算書下書①~⑧の流れにそって説明していきます。

シート名+順番 楽しいかもしれない青色申告 国税庁「e-TAX」
決算処理 ■実際手元現金の調整
■売掛金、在庫、買掛金等の入力
なし
決算書下書① 損益計算書の一部入力
■家事消費等
■雑収入
なし
決算書下書②

「e-TAX」で計算した
結果のみ入力
減価償却費の計算
決算書下書③

「e-TAX」で計算した
内訳合計のみ入力
給与賃金と専従者給与の
内訳入力
決算書下書④

「e-TAX」で計算した
内訳合計のみ入力
利子割引料の
内訳入力
決算書下書⑤

「e-TAX」で計算した
内訳合計のみ入力
税理士・弁護士等の
報酬・料金の内訳入力
決算書下書⑥

「e-TAX」で計算した
内訳合計のみ入力
地代家賃の
内訳入力
決算書下書⑦



「e-TAX」で計算した
結果のみ入力

貸倒引当金の
内訳入力
決算書下書⑧ ■損益計算書、貸借対照表の下書完成
■総勘定元帳の完成

 
損益計算書、貸借対照表の
下書を転記、青色決算書完成
確定申告 なし 確定申告書を作成

まず、開業1年目の場合を説明し、引き続き2年目以降について説明します。

開業1年目の場合

決算書下書①   損益計算書の一部入力   家事消費等

「決算書下書」シートを開くと、
左の方に損益計算書が2つ並んでいます。

左側は現金預金出納帳から集計しただけのものです。

右側「⑧」は決算処理を反映した損益計算書です。
手順①~⑧まで全部終えたら、
最終的な損益計算書になります。
今の時点ではまだ未完成です。

損益計算書の右側に「月別売上金額及び仕入金額」という表があります。

1月から11月の金額は、現金預金出納帳の金額そのままです。
12月の数字はマイナスになっていて、変ですけれども、
最終的に正しいものになりますので、今はそのままで大丈夫です。

ここでは、色が塗ってある
①「家事消費等」と「雑収入」だけ入力します。

「家事消費」とは、商品を事業用に仕入れたけれども、
事業外の生活のために使ったというものです。
事業外の仕入経費をマイナスする代わりに売上にプラスします。

飲食店で従業員に提供するまかないなど、
商売用に仕入れた食材を自分たちの飲食、生活につかった場合
家事消費となります。家事消費の年間金額をここに入力してください。

→家事消費の計算方法

「雑収入」は仕入で出た空箱や作業くずなどの
売却代金を入力する科目ですけれども、
現金預金出納帳の「売上」に含まれている場合は入力不要です。
ほとんど使いません。

決算書下書②   減価償却費の計算

減価償却費は「e-TAX」を使って計算します。
インターネットエクスプローラを起動し、
「e-TAX」の青色決算書作成画面を開きます。

→減価償却費とは
→「e-TAX」ホームページの操作方法

「減価償却費」の文字をクリックすると、計算用画面が現れますので、
下の赤い枠「新規に減価償却資産を入力する」ボタンを押して
固定資産1つ1つ、計算に必要な事項を入力していきます。

計算には、
「取得価額」=取得するのにかかったお金
を入力する必要があります。
エクセルソフトの「新規取得」ボタンを押せば
今年、固定資産に支払った金額と
決算処理の未払金で計上した固定資産が自動表示されます。
ボタンは必ず押して下さい。
表示された金額を参考にしつつ、
取得価額を入力します(赤い矢印部分)

→「e-TAX」入力項目について
→敷金保証金
→分割払いの場合

「e-TAX」の計算が終ったら
計算結果のみを1つ1つエクセルソフトに転記します。
色が塗られていないところに入力します。
「名称」も必ず入力してください。
「摘要」欄は入力しなくても大丈夫です。
エクセルには20件まで入力できます。

決算書下書③   給料賃金と専従者給与の内訳入力

「e-TAX」の青色決算書作成画面で
以下の赤い枠「給料賃金」と「専従者給与」の文字をクリックします。

それぞれ
「給料賃金」=従業員の氏名や給料、ボーナス(賞与)
「専従者給与」=税務署に届出済の家族氏名、給料やボーナス(賞与)
を入力します。エクセルソフトには入力欄の一番下、
給料、賞与も合わせた最終合計額のみ転記します。

この例では、現金預金出納帳の「給料賃金」年間合計は50万円で、
そのうち一般従業員への支払いは20万円、
家族従業員への支払いは30万円です。

決算書下書④   利子割引料の内訳入力

「e-TAX」の青色決算書作成画面で
「利子割引料」の文字をクリックします。

金融機関以外に対する利息の支払額と
金融機関に対する利息の支払額を入力します。
金融機関以外への利息支払いはゼロになることが多いです。

「必要経費算入額」とは、
支払った額のうち、事業に関係している分のことです。
例えば、年間30万円支払ったけれども、
そのうち事業に関係している分は20万円だけという場合、
「必要経費算入額」には「20万円」と入力します。
事業に関係する分しか経費に落とせません。

利子割引料の場合、
金融機関への支払い分は全額必要経費と認められます。

エクセルソフトには金額のみ転記します。

決算書下書⑤   税理士・弁護士等の報酬・料金の内訳入力

「e-TAX」の青色決算書作成画面で
「税理士等の報酬」の文字の前にあるボタンを押した上で
文字をクリックします。

支払先専門家の氏名住所、支払った額を入力します。
「必要経費算入額」については④参照です。

エクセルソフトには金額のみ転記します。

現金預金出納帳では、
「支払報酬料」の科目で処理しています。

決算書下書⑥   地代家賃の内訳入力

「e-TAX」の青色決算書作成画面で
「地代家賃」の文字をクリックします。

支払先大家さんの氏名住所を書きます。
20万円未満の礼金は「権」のところに含めてしまいます。

→20万円以上の礼金

「必要経費算入額」については④参照です。

エクセルソフトには金額のみ転記します。

以上が「決算処理」シートの入力内容です。

念のため、
該当しない、残高ゼロの科目については入力は不要です。
空白で大丈夫です。

以上の決算処理を行うにあたってのポイントを説明します。

決算書下書⑦   貸倒引当金の計算

売上代金などが踏み倒されそうな場合、
それに備えてあらかじめ経費に落としておこう、というものです。
踏み倒されるおそれがなければ
特に計算する必要はありません。
読み飛ばして頂いて結構です。

計算する場合は、「e-TAX」の青色決算書作成画面で
「貸倒引当金」の文字をクリックします。
2つありますけれども、どちらでも良いです。
出てくる画面は同じです。

繰り戻しについてはエクセルソフトの金額を「e-TAX」に転記し、
繰り入れについては「e-TAX」の計算結果をエクセルソフトに転記します。
1期目は繰り戻し額ゼロです。
下図では参考例として金額を入れています。

決算書下書⑧   決算書下書、総勘定元帳の完成、「e-TAX」に転記

あとは「決算書下書」シートの右の方、
貸借対照表の上にある
「⑧できあがり」ボタンを押します。

損益計算書、貸借対照表に最終的な数字が反映され、
「元帳(総勘定元帳)」シートが現れます。
これで下書は完了となります。

貸借対照表の一番下、
期末残高合計は左右一致しているはずです。
一致していない場合、貸借対照表の下にある
「期末貸借(左右)差額」に数字が表示されます。

「差額調整」ボタンを押すと、
左右差額がゼロになるように自動調整します。
「差額調整」ボタンを押した後、
もう一度「⑧できあがり」ボタンを押して下さい。
差額がゼロになります。

→差額調整の内容

開業1年目の貸借対照表の場合、
「期首残高」はすべてゼロで問題ありません。
元入金も期首期末共にゼロで問題ありません。

損益計算書と貸借対照表の下書数字が出来上がりましたので、
あとは「e-TAX」にそのまま転記するだけです。
エクセルですので、自動取り込み機能などは無いですけれども、
転記は10分もかからないと思います。

▼「e-TAX」損益計算書への転記
「支払手数料」など、エクセルソフトで追加した科目は
「e-TAX」決算書上も追加して入力します。
数字を直接打ち込むよりも、エクセルをコピーし(Ctrキー+C)、
そのまま「e-TAX」画面に貼り付け(Ctrキー+V)した方が良いです。
転記ミスが無くなります。

転記ミスが無いかどうかは、
損益計算書の下の方の項目「青色申告控除前所得」が
エクセルソフトと「e-TAX」で一致していることを確認してください。
確認したら、「e-TAX」で「入力終了」ボタンを押して画面を進め、
貸借対照表の作成に進みます。

▼「e-TAX」貸借対照表への転記
貸借対照表への転記も損益計算書と同じです。
必要に応じて科目を追加し、そのまま転記するだけです。
入力後、左右同額になっていればOKです。

▼「e-TAX」青色決算書データの保存

「e-TAX」で青色決算書を作成した後、最後に印刷用画面が現れます。
そこにある「入力データの保存」ボタンを押すと
決算書内容をデータで保存できます。
減価償却費データなど、翌年度以降も使える内容を繰り越せるので便利です。
保存しておきましょう。

▼総勘定元帳の保存
エクセルソフトの「元帳」シートに表示されているのが、
総勘定元帳という会計帳簿です。

→総勘定元帳とは

紙に印刷して7年間保管するルールです。

→他の会計帳簿について

金額のない科目についても、項目だけ表示されています。
削除してから印刷すると紙の節約になります。

現金出納帳と一緒に、現金経費帳も使った場合は、
これも紙印刷して保管しておきます。

→現金経費帳を使う方法

▼確定申告書の作成
確定申告書は全部「e-TAX」で作成しますので、
「e-TAX」ホームページの説明文を読みながら入力していってください。

税金計算や申告書に関する質問は、
税務署に電話すれば
本家本元、プロ中のプロ税務署職員が
丁寧に教えてくれます。

→税務署への電話相談はこちら

「e-TAX」入力操作に関する不明点は
「e-TAX」ヘルプデスクに電話して質問しましょう。

質問相談は、遠慮なく税務署にして頂ければと思います。
このため、当事務所では、確定申告書に関する
無料相談は一切受け付けておりません。

→有料申告サポートはこちら

以上が開業1年目の流れです。

開業2年目以降

2年目以降の決算書作成の流れは、1年目とほとんど同じです。
異なる点としては、
決算書下書①~⑧の前に前期繰越処理を行う点だけです。

前期繰越処理

前期のエクセルデータか決算書を用意します。
前期貸借対照表の「期末残高」
当期新年度貸借対照表の「期首残高」に転記します。
以下の赤い枠、色付のところです。

「現金」と「その他預金(普通預金)」は
現金預金出納帳の「前期繰越」から自動転記されますので入力不要です。
「未払金(下記計)」も内訳の期首残高を入力してください。自動集計されます。

1年目貸借対照表の「元入金」期末残高はゼロでしたけれども、
2年目期首は数字が自動で入ります。

2年目期首元入金
=1年目「事業主借」残高-1年目「事業主貸」残高+1年目青色申告控除前所得


と計算されています。

決算書下書①   損益計算書の一部入力   家事消費等

1年目と同じです。

決算書下書②   減価償却費の計算

計算の流れは1年目と同じです。
ただし、前期以前、1年目に取得した固定資産の減価償却計算は
2年目以降も続きます。耐用年数の終わりまで続きます。

前期決算書の「減価償却費の計算」を手元に置いて再度、
資産1つ1つの取得価額や耐用年数を「e-TAX」に入力するか、
前期に保存した青色決算書データを読み込み、当期分を計算してください。

→前期にデータ保存

2年目以降に新しく取得した固定資産は、
エクセルソフトの「新規取得」ボタンを押し、
順次、決算時に「e-TAX」に新規追加登録していきます。

決算書下書③~⑧

1年目と同じです。

以上が決算書作成についての説明です。

「決算書下書② 減価償却費の計算」が少しややこしいかもしれません。
しかし、税務署や「e-TAX」ヘルプデスクに電話すれば、
懇切丁寧なバックアップを得られますので、大丈夫です。

→当事務所による有料申告サポートはこちら

「楽しいかもしれない青色申告」については、Q&Aにも情報がございます。
「うまく動かない」という方もこちらをごらんください。

→うまく動かない場合Q&A

「こんな機能を追加してほしい」というご意見、ご要望もお待ちしております。

→ご意見、ご要望はこちら

画面トップへ

    会社設立から創業融資まで
      全部まとめて定額支援!
        →詳細はこちらへ

ご連絡先はこちら

迅速・丁寧な対応を
心がけております。
お気軽に
お問合せください。

03-5372-4677
融資相談所

西田恭隆(nishida  yasutaka)
     ◆公認会計士
         ◆中小企業診断士
             ◆税理士事務所

所長の著書

  「税理士ができる
   『中小企業の資金調達』
          支援実務」

    税理士などのプロ向けに
   資金調達支援の実務を解説
         →詳しくはこちらへ

独立開業【問答集】

独立志望の会計士税理士向けに
よくある質問をまとめました。
・会計事務所の運営方法
・営業方法あれこれ

・ホームページ活用方法
・クラウド会計についてなど
         →詳しくはこちらへ